RPAと働き方改革

最近、私の耳にもRPA(Robotic Process Automation=ロボットによる業務自動化)という言葉がたびたび入るようになってきています。

AI(人工知能)が進化し、分野によっては人間を凌駕するようになってきたことから、これまで人間が行ってきた業務を次第にAIが置き換えるようになる、というのがRPAのざっくりした説明になるでしょう。

 

RPAの普及は、「働き方改革」にもつながると期待しています。

日常の仕事の中には、定型業務やルーチンワークが一定割合を占めているでしょう。あるいは、報告書や申請書の作成など、本質的ではない業務もあるだろうと思います。

これらの作業がRPAによって自動化されれば、人間のやるべきことはより本質的な、より生産性を高める仕事になるわけです。

もちろん、労働時間の短縮にもつながり、働き方改革を実現させる大きな力となります。

 

自分の業務でも、元開発者ですから、マクロを書いて業務を効率化させるなど、プチRPA的なことはやっています。

これだけでも後輩に喜ばれたりするので、マクロを書いてよかったと思うわけです(笑)。